役立つ情報

銀行両替は危険!!額面以上の価値がある流通数の多い記念硬貨とは?

様々な記念硬貨が日本では発行されております。

数百円から何万円もする物まで数え出したらキリがありません。

そんな記念硬貨のなかでも額面以上の価値がある物が存在します。

発行枚数も多く手元にお持ちの可能性がある物です。銀行両替したら勿体ない。

そんな記念硬貨についてご紹介させていただきます。

記念硬貨の価値

記念硬貨は基本的に限定枚数を決めて発行されております。

数は限られているので全て珍しいといえばそうですが記念硬貨自体の数多い種類が発行されているので全て把握するのは不可能でしょう。

そんだけあると殆どの記念硬貨が額面以上の価値になる事は少ないです。

基本的には額面と同じ価値の記念硬貨が殆どと思っていただいたほうが良いです。

記念硬貨の使い道

では額面と同じ価値の記念硬貨をどのように使えば良いのでしょうか?

使い道はいたって簡単です。

記念硬貨は現金と同じです。コンビニ、スーパー、ショッピングモールなど現金と同じように使用出来ます。

しかし意外と使ってみると分かりますが店の人には嫌がられます。

そのまま釣銭としても使用出来ませんので銀行両替に行かなければいけませんし現在の硬貨とサイズが異なるので収納もしにくいです。マイナスな事しかありません。

店によっては店員さんが知らないと決済可能か確認に時間がかかりますし断られるケースがあります。

ですので皆さんは殆ど「銀行両替」を行うのでは無いでしょうか?

手続きはとても簡単です。銀行に行って両替を依頼するだけです。

枚数が多く無ければ無料で交換してくれるので一番オススメです。

銀行両替してはいけない硬貨

銀行両替は簡単でオススメの作業です。

でもちょっと待って下さい。たしかに殆どの記念硬貨は額面以上の価値はありません。

額面以上の価値がある記念硬貨もありますがそういったプレミアムな硬貨は発行枚数が少なくそもそもあまり一般家庭に出回っていません。

そんな中、発行枚数が多くご家庭にも所有されている可能性があり額面以上の価値がある記念硬貨があります。

これを額面で交換したら大変。

そんな記念硬貨をご紹介させていただきます。

発行枚数が多くあまり希少では無いのに額面以上で売れるのは何故か?

それは記念硬貨の中でも金で作られている物だからです。

金の相場は高騰しております。しかし昔は今ほど金が高い物ではありませんでした。

金の相場が安い頃に記念硬貨を作った製品。それが金の高騰により額面を超える形となりました。

特に買取店の持ち込みも多い2種類の金貨を紹介します。

天皇陛下御在位記念10万円金貨/平成2年

こちらはとても有名な記念硬貨です。

発行枚数は200万枚と非常に流通数が多く所有されている方も多いのではないでしょうか?

こちらの金貨は純金で作られておりますが30g使用されております。

金の相場が安かった時は額面価値しかありませんでしたが今では金の相場は1g4,000円程あるので安い買取店でも12万は下りません。

【商品詳細詳細】

表面 鳳凰と瑞雲
裏面 菊花紋章と桐と唐草
重量 30g
純度 K24(純金)
額面 10万
発行年数 平成2年

皇太子殿下御成婚記念5万円金貨/平成5年

10万円金貨よりも一回り小さいですが額面が5万円の金貨です。こちらも発行枚数が200万枚と非常に多いので所有されている方は多いです。

こちらの金貨は純金で18g使用されているので1g4,000円で計算させていただいても7万ほどにはなります。

どちらかというと10万円金貨のほうが有名に感じますが発行枚数は同じですので流通はしております。

【商品詳細詳細】

表面 瑞鳥の鶴2羽と波
裏面 菊花紋章と梓
重量 18g
純度 K24(純金)
額面 5万
発行年数 平成5年

勘違いしやすい額面しか価値の無い金貨

金を使用した記念硬貨ですがプレミアがついていない物もあります。

特にプレミアのついているものと形状が似ているので注意が必要です。

天皇陛下御在位記念10万円金貨/昭和61年

プレミアのついている平成2年の10万円金貨に非常に似ているので間違えやすいです。

こちらは純金で作られていますが20gしか使用していないので純金で計算すると額面を超える事はありません。

特に発行枚数は1000万枚と非常に多く一度は見た事がある方も多いのではないでしょうか?

こちらは買取店に持ち込んでも額面以上になる事は少ないです。

プラス1,000円ぐらいなら見てくれる所もあるので買取店に相談してみるのも一つの手段です。

【商品詳細詳細】

表面 鳩2羽と水
裏面 菊の紋章
重量 20g
純度 K24(純金)
額面 10万
発行年数 昭和61年

買取していない店舗も存在

プレミア金貨をお持ちの方は買取店にて手放す事をお勧めしましたが中には記念金貨を買取していない店もあります。

トキジ
なんで買取をしないの?

買取しない理由

■ブリスターパックに入っており金の確認がとれない

■日本の硬貨なので金として溶かして業販が出来ない

基本的には記念金貨は傷がつかないようにブリスターパックに梱包されています。外観でもある程度分かりますが金の確信的な確認をする事が出来ません。リスクが高いので買取りを行っておりません。

またこちらの記念硬貨は日本円の扱いとなります。日本円を故意に破壊するのは違法行為です。

売場で販売は問題ありませんが金として溶かしたりは出来ないので売場がない買取店は処分に困る事もあります。そんな理由で断られるケースが多いです。

大手だから必ず買取してくれるかというとそうではありません。

わざわざ売りに行って断られると手間になりますので持ち込み前に確認する事をオススメします。

まとめ

今回は一般家庭にでもありそうな流通数が多い金貨を紹介させていただきました。

勿論珍しい金貨を上げれば多数あります。これだけインターネットが進化していますので銀行両替を行う際に高く販売されていないか確認するようにして下さい。

銀行員の方は金相場の理解などされているか分かりませんので教えてくれません。

少しでも銀行両替をしてしまい損される方が減れば幸いです。

スポンサーリンク

関連記事

-役立つ情報

Copyright© 駆け出しのブランド鑑定士「ブランド情報サイト」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.