BAG・WALLET

【ルイヴィトン】ミニショルダーで人気のヴィバシテPMが価格高騰の理由

最近はヴィンテージバッグが一般的に認知され古いバッグが高値で取引されております。

特にルイヴィトンのヴィンテージバッグはここ数年人気が高く芸能人や著名人がインスタグラムなどでも紹介しており価格が高騰しております。

5年前では想像がつかない価格で取引されているバッグも多数存在しております。

そんな人気バッグのなかでも特に目立って価格高騰したバッグを紹介させていただきます。

LOUIS VUITTON【ルイヴィトン】 M51165 ヴィバシテPMとは

このヴィバシテPMの価格が高騰しております。

既に廃盤となっておりますので製造はおこなっておりません。

ヴィバシテはモノグラムのバッグで今から15年程前に販売が主流で行われておりました。

サイズは今回紹介させていただく小さいPMサイズの他にMM、GMと3サイズで展開していたバッグです。

当時は収納力が大きく定価も高額なGMサイズが高値で取引きされていました。

ヴィバシテシリーズの特徴は通常のファスナー収納とは別に外側にマグネット収納がついている部分です。

内側は赤のスエード地の加工がされており非常に高級感がある仕様となっています。

ヴィバシテPMの価格高騰の理由

どんな商品、モデルにも価格が高騰している理由があります。

ここまで急激に中古相場が上がったのには理由があります。このポイントが分かると他のモデルでも似たような理由があるバッグの相場が上がるかもしれません。

是非このポイントを抑えて下さい。

価格高騰の理由①:ミニバッグの流行

5年前であればミニバッグは収納力が低く何が入るか問われるバッグでした。

ペットボトルは入らないし長財布も入らない。

確かに何が入るは分かりませんでした。

しかし最近はキャッシュレス化の波に押されミニウォレットが流行っております。

ミニウォレットが入るならミニバッグでもいいかも!

そんな声を聞くようになりました。

どちらが先に流行ったかは分かりませんがミニバッグ、ミニウォレットは今爆発的に普及しております。

価格高騰の理由②:収納力の高さ

小さいバッグが流行っていますがただ小さい仕様が良い訳ではありません。

小さいながらも機能性は大事。これは最近のミニウォレットの構造でも言えます。

最近の流行りのミニウォレットの構造はこちらの記事にまとめておりますのでこの機能性のこだわりを是非読んでみて下さい。

2019年新作【ルイヴィトン】モノグラム・シャドウのオススメのミニウォレット「ディスカバリー」

ヴィバシテPMが流行ったのはこの外側ポケットの存在が大きいかもしれません。

特にこのポケットはマグネット開閉式になっており簡単に開け閉め出来ます。

このポケットにテッシュやカードなどを入れると出し入れしやすく便利です。

整理もしやすいので小さいのに機能性が高いですね。

価格高騰の理由③:ショルダーの長さ調整

どのバッグもそうですがサイズ調整出来るのは当たり前の機能ですが相場が大きく変わるポイントです。

使う人の身長が小さい人もいれば大きい人もいます。

カケダシ
やっぱりサイズがジャストフィットするものを使いたいですよね。

細かくショルダーの長さを変更出来るのは人気の一つです。

またヴィバシテPMはショルダーが長めなので斜め掛け出来る余裕があるバッグです。

ワンショルダーよりも斜め掛けのロングショルダーが最近の人気仕様です。

どれだけ相場が高騰しているか

最近はヴィバシテPMは買取り相場が高騰しており5年前では考えられない金額で取引されております。

ヴィバシテPMの相場

2014~2015年頃 買取り価格:1~20,000円ぐらい

2018~2019年頃 買取り価格:5~60,000円ぐらい

※状態によりけりで大きく変わりますが一般的に綺麗な状態ですとこれぐらいが市場取引価格です。角はレザーが使用されているので擦り傷は目立ちます。

この数年で約5倍まで価格高騰しております。

この価格推移はロレックスばりの相場高騰です。

基本的にバッグが相場高騰するのは珍しく僕もお客様にはバッグは相場は年数が経過すれば下がると伝えています。

もしヴィバシテPMを売られた方に申し訳ない事をしました。

ヴィバシテPMの良い中古を購入する為のポイント

人気が高いこのヴィバシテPMは欲しい人が急増しております。

ちょっとしたお出掛けやパーティーシーンには大活躍。

旅行中のセカンドバッグとしても使い勝手が良い可愛いバッグです。

ではこのバッグを購入しようと思った時、現在は新品で作られていないので中古で購入するしかありません。

中古で購入するならなるべく状態が良い物を安く購入したいですよね。

ヴィバシテPMを中古で購入する際の気をつけるポイントをご紹介します。

最低限中古で購入する前に確認をするようにして下さい。

中古購入ポイント①:ショルダー付け根の状態

このバッグは付け根がレザーで作られております。

小さいのでそれ程、重い物を入れないですが負担がかかるポイントです。

経年劣化でこの部分にダメージが出ると亀裂、千切れに繋がります。

千切れていれば気づきますが亀裂だと見落とす事も・・・

このポイントは必ず確認してダメージがないか確認するようにしましょう。

中古購入ポイント②:ショルダーのダメージ

付け根のダメージ同様ショルダー全体もヌメ革で出来ていますので劣化が出やすいです。

こちらも変色が出るだけなら全然問題ないですが亀裂が入るのは使用する上で危険です。

ショルダーを少し曲げてみると亀裂が入っていると浮き上がります。

この状態の中古は購入は控えるようにしましょう。

中古購入ポイント③:スエード地の汚れ

内側の素材はスエード地で構成されております。

このスエードが肌触りが良くて高級感があるので気に入っている方も多いのではないでしょうか?

注意が必要なのはこのスエード地の化粧品の汚れです。

このバッグに直接化粧品を入れるかたが多くファンデーションやマスカラなどがついている個体が多いです。

通常の素材ならとる事が出来てもスエード地だと汚れを取る事が出来ません。

内側だから気にならない人は良いですが開けるたびに汚れを見るのも気分が良くないですよね。

このような汚れも中古では大きく相場に影響するポイントです。

まとめ

ヴィバシテPMがどんなバッグか分かっていただけたでしょうか?

人気、注目が集まるこのバッグは状態が良い物が中古市場から減ってきております。

お探しの方は早めにゲットしましょう。

またお手持ちで今使用されていない方は手放されるチャンスです。

どこの買取店も欲しいバッグなので強気で価格をつけてくれる可能性大です。

是非相見積りをしっかりとって高く売却しましょう。

スポンサーリンク

-BAG・WALLET

Copyright© 駆け出しのブランド鑑定士「ブランド情報サイト」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.