BAG・WALLET

【ルイヴィトン】根強いアップサイドダウンの人気!財布の作りこみはここがポイント♪「M62893・ポルトフォイユブラザ」

ルイヴィトンのデザイナーがヴァージルアブローに替わりストリートデザインがより強化され若者の支持率が高くなっていると聞きます。

モデルによっては品薄商品も多くプレミア価格で取引されている商品もあるとか・・・

最近のアイテムは新作、限定も多く早く購入しないと希望の商品が手に入りにくくなっております。

そのかわりプレ値で販売される期間は短くすぐに相場が下がるアイテムも多数あります。

そんな相場の上がり下がりが激しいルイヴィトンですが前デザイナー「キムジョーンズ」が最後に手掛けた「アップサイドダウン」というシリーズを覚えていますか?

アップサイドダウンが発表されすでに1年以上以上経過しますがまだまだ相場に陰りがなく人気が高いです。

本記事ではそんなアップサイドダウンの中でも比較的購入しやすい財布「ポルトフォイユ・ブラザ」について作りや魅力を紹介させてもらいます。

ルイヴィトンのアップサイドダウンとは

アップサイドダウンとは2018年に登場した人気の高いモデルです。特徴的な部分は大きく入った逆さまのブランドロゴとコーラルピンクの文字です。

アップサイドダウンとは逆さまという意味があるようにブランドロゴが反対に向いていますが一見パロディ商品にも見えるこのデザインロゴはとてもオシャレで他ルイヴィトンアイテムと差別化が図れるデザインとなっております。

普通のデザインじゃ物足りない人にオススメです。

コーラルピンクのカラーチョイスも幻想的です。まるで夜に浮かび上がるネオンのような独創性あるカラーになっており全面的にブランドロゴが入っているのに決してゴチャゴチャしたデザインにはなっておりません。

このモデルをデザインしたのは前ルイヴィトンデザイナーのキムジョーンズです。

キムジョーンズとは

2011年から約7年ルイヴィトンのデザイナーとして活躍された一流デザイナーです。

最近でいえばシュプリームや藤原ヒロシ氏とのコラボ商品でも話題になりました。彼の功績もありルイヴィトンはストリート性の高いデザインも増えより若い層の支持率も上がったと言われております。

アップサイドダウンはそんなキムジョーンズが最後に手掛けたモデルという事で発表された当時は非常に話題になりました。

財布、バッグだけでなくアパレル、アクセサリーなどもこの逆さまのブランドロゴが取入れられているアイテムです。

最近のアップサイドダウンの相場は

そんな人気のモデルでしたが既に発表されて1年以上経過しています。

流石に相場は下がっているかと思いましたが結果は下がっていません。

期間限定という事もあり流通数が少なく中古市場にもあまり数が無いからだと推測します。

そんな少ない商品の中でも比較的入手しやすい「ポルトフォイユ・ブラザ」を紹介させていただきます。

相場が下がらない理由は人気が高いから!

ではなぜそれほどまで人気が高いのか作りも踏まえて紹介します。

ルイヴィトン M62893 ポルトフォイユブラザの作り

基本的な仕様は現ポルトフィユブラザと相違はありません。

仕様

サイズ縦19×横10cm

カードケース16枚

コインケース

札入れ

マルチに活躍出来るデザインでこの財布1個で必要な物は全て収納出来ます。特に現代のキャッシュレスの風潮においてカードポケットが16枚あるのは嬉しい仕様ですね。

この財布の作りでも特にこだわっている部分を紹介します。細かいポイントですが知っていると使う時ちょっと嬉しくなるポイントです。

ポイント①:内側ブランドロゴ

外側だけでなく内側にもブランドロゴが入ります。

この財布は内側もロゴはコーラルピンクが施されています。

内側こそ無地のブラックなので外側のブランドロゴよりも目立つこと間違い無し。

あける度に可愛いカラーが目に飛び込んでくるので嬉しいです。

ポイント②:ファスナーの作り

ルイヴィトンの製品はファスナーにゴールド、シルバーを使用する事が多いです。

しかしこちらの財布はオールブラック。

デザインがブラック基調なので嬉しいポイントです。ファスナーがオールブラックだとより男らしいデザインになりますよね。

また本当に細かいですがファスナーエンドを見て下さい。

とっても小さいですが「LV」のロゴが入っています。

こんな細かい部分にもルイヴィトンが詰め込まれたこだわりの財布です。

ポイント③:裏側プリント

この財布には裏側にもプリントがしてあります。

「HAVE A VUITTON DAY」

ルイヴィトンも持つ日々といった和訳で良いでしょうか?

財布なので毎日もつ製品らしい一言が施されています。

遊び心満載の財布の作りとなっております。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少しでもこの財布の魅力が分かっていただけたのではないでしょうか?

非常に限定的に販売された財布なので常に中古市場でも在庫は少なくなかなか良い状態の財布は手に入りにくい状況です。

もし気になる人は今後より数は減ると思いますので早めに購入される事をオススメします。

今後はヴァージルアブローが手掛けるルイヴィトンにますます注目が集まります。

オフホワイトを手掛けられたデザイン力がどのようにヴィトンに取り入れられるか目が離せません。

スポンサーリンク

-BAG・WALLET

Copyright© 駆け出しのブランド鑑定士「ブランド情報サイト」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.