役立つ情報

【ブランド品】メルカリで偽物を購入してしまった際の偽物証明のとりかたについて

いまは空前のCtoCビジネスの大ブームですね。

CtoCとは業者を挟まずに欲しい人、要らない人が直接結びつく事でより高く売れ、安く購入出来るという事で年々利用者は増加しております。

最近のプラットフォームですとヤフオクよりメルカリなどをご利用される方も多いのではないでしょうか?

そんなCtoCシステムで最も厄介なのが偽物の横行です。

プロを挟まない事もありとても多くの偽物が出品され購入されております。

本記事ではそんなメルカリを使用して偽物を購入してしまった。相手に返品を求める際の偽物の証明をどのようにとるかを記事にしました。

鑑定士をしていると毎日このような相談が後を絶ちません。

一人でも多くの方の参考になれば幸いです。

メルカリで偽物を購入してしまった場合について

注意していても偽物を購入してしまうリスクが高いのがCtoCシステムのデメリットです。

実際購入してしまった場合においての流れはこんな感じだと思います。

返品までの流れ

商品確認→偽物と発覚→評価はしない→相手に連絡→偽物の証明→返金

プラットフォームによっては違いはあるかもしれませんがだいたいこんな感じだと思います。

この流れで貴方が思う一番面倒な部分は「偽物の証明」ではないでしょうか?

例えば今回はメルカリを例に話しをさせていただきますがメルカリ側としては出品者、落札者どちらの言い分が正しいかは判断出来ませんし真贋が出来るわけでもありません。

ですのでこの偽物の証明をもってどちらの言い分が正しいか決定します。

つまり証明が出来なければ例え偽物でも返金していただく事は不可能となります。

偽物の証明

お客様
このブランド品が好きで数多く所有している俺が見て偽物だと思うから返金しろ!

こういった事をいう人も見えますがこれは意味がありません。

確かに詳しいかもしれませんが一般人の評価が法的な効果を持った偽物の証明にはなりません。

ではどうすればこの商品が必ず偽物という判断を示すものとなるのでしょうか。

そればブランドホルダーであるメーカーの回答です。

たとえばヴィトンであればヴィトンメーカーが偽物と言えば間違いない証明となります。

よくWEB上では真贋は「ブランド買取店」で証明して貰えば良いと見られますが果たして効果はあるのでしょうか?

ブランド買取店・質屋での偽物証明

偽物証明においてブランド買取店や質屋での証明は無理です。

よくお客様にメルカリで購入したが不安なので見て欲しいと相談を受けます。

勿論困っている方の相談にはのらせていただき偽物の場合はそれとなく伝えますが決まってそのあと証明書を作ってくれと言われます。

真贋確認は出来ますが僕らはブランド品を作っているわけで無いですし、ましてやブランド品の真贋方法をメーカーから教えていただいているわけではありません。

勝手に独自の真贋ポイントを設けて査定をしているので偽物を本物、本物を偽物と言ってしまう可能性があります。

そんな30年前のプラダのバッグやグッチの財布を見せていただいても確固たる判断は出来ないですし買取価格が1,000円程度なら偽物でもいいやと買取りしてしまう事も多々あります。

ですから仮に証明書を発行出来たとしてメルカリに提出してもこれじゃあ意味無いという判断になってしまうわけです。

これが1店舗だろうが5店舗まわろうが同じ回答だったとしても偽物と分かっても証明する事は出来ません。

メーカーでの偽物証明

ブランドホルダーのメーカーに証明をとってもらう事が証明になると分かっていただけたと思います。

しかしメーカーに真贋して下さいと商品を見せてもしてくれません。

トキジ
なんでしてくれないの?

勝手な憶測でありますがメーカーの一番大切なお客様は新品で購入していただける方です。

ブランドのファンも大切ですが中古で購入されてもメーカーに儲けはありません。

つまり真贋証明などの業務は意味がありません。なのでお願い方法は工夫が必要です。

その方法とはメーカーに製品修理依頼をする事です。

気になる商品の修理依頼に出せば確実な回答がいただけます。

修理依頼

☑時計ならオーバーホール

☑財布なら糸ホツレ

☑バッグなら角補修

などなど自然な修理依頼をして正規の見積もりがいただければ本物。偽物なら断られます。

ヴィトンやカルティエなどはブティックに出向かなくても郵送で修理対応してくれます。

出し方は特殊ですので下記ブログ記事にまとめたので参考にして下さい。

【ルイヴィトン】正規店が近くに無い!郵送でメーカー修理に出す方法

【カルティエ】忙しい人必見 郵送で行う正規メーカー修理の出し方・方法

メーカーでの偽物証明も難しい?

ここまで記事を読んでいただいた方には申し訳ありませんがメーカーで修理依頼をしても証明書をいただくのは難しいケースが殆どです。

というのも修理出来ませんでしたという書類をいただけても修理に出した商品との紐づけが出来ないとただの紙切れです。

トキジ
ブランド品にはシリアルが有る物が多いから大丈夫じゃない?

確かにシリアルが書面に入れば良いですが殆どのブランドが書面にシリアルどころか偽物の場合は書類では無くメーカーから直接電話がかかってきます。

なのでロレックスに修理を出したあと電話がかかってくると生きた心地はしません。

カルティエはしっかりと証明をくれるので有りがたいです。

このような書類が届くのでこちらも併せてご確認下さい。

カルティエからの思わぬ手紙!偽物の商品を修理に出してしまった時の対処方法!

偽物証明は難しい

結論この偽物証明は非常に難しいです。

出品者がはじめから騙す事が目的の犯罪集団のような相手であれば証明が無ければ返金は難しい事が多いです。

最近ではお金を払うとブランド真贋の証明書を作ってくれる会社も多数ありますが法的な効果はまだ無いと思います。

相手が普通の方であれば真贋確認の為、買取店を5社回って買取りしてくれるところが無かった事や法的に動く事を伝えれば返金してくれる事が殆どです。

しっかりとした証明書がとれなくても気長に出品者やメルカリと連絡をとりながら対応しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

毎日あまりにも同じような依頼が多いので誤解がとけるように記事にまとめさせていただきました。

同じ質問が多いという事はそれだけメルカリを利用している人が多く偽物の流通数も多いという事だと思います。

本当にメルカリで販売されている価格は安いです。

ロレックスなんかはメルカリで仕入れて市場に出すだけで何万も儲かります。

しかしそのような価格であると同時に偽物を買取るリスクがある事を忘れないで下さい。

スポンサーリンク

-役立つ情報

Copyright© 駆け出しのブランド鑑定士「ブランド情報サイト」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.