WATCH 役立つ情報

【2019年9月】バブル崩壊のロレックス相場に動きが!?5桁リファレンスは回復?6桁リファレンスは更なる下落?

ロレックスのバブルが崩壊してから1~2カ月経過して少しずつモデルによって相場に明暗が分かれるようになってきました。

表面上は全体的に相場が下がっているように見えますが市場での価格を見ていると違いがはっきりと出ております。

本記事ではどのようにモデル別に明暗が出ているのか?なぜこのような違いがでているか?などを紹介させていただきます。

購入、売却の参考になれば幸いです。

ロレックスのバブル崩壊

ロレックスの相場は常に右肩上がりで高騰しておりましたが2019年に入り特に大きく相場を上げておりました。

2019年の3月のバーゼルワールドでは人気モデルのGMTマスターⅡ「116710LN」が廃盤となりますます相場高騰に拍車がかかりました。

しかしそんな大きく伸びていた相場も2019年7月に終わりを迎えました。

時計好きから言わせると元の相場に戻っただけとは言われますがあれだけ上がっていた相場がこれだけ下がるとバブル崩壊としか言えません。

この件に関してはこちらの記事に詳しくまとめておりますので是非読んでいただいてからこの続きを読んでいただけるとより話しが分かりやすいと思います。

【2019年7月】ロレックスの相場急落!バブル崩壊の相場下落はいつまで続く!?

ロレックスのモデルによって相場の明暗が分かれる

ロレックスの相場が下がった2019年7月からこのまま全モデルが下がり始めると思いましたが2019年8月の相場で明らかに明暗が分かれました。

相場の明暗

✔相場が大きく下落を続けているのは現行の6桁リファレンス。

✔相場の下落が小さく年式によっては既に回復傾向があるのが5桁リファレンス

リファレンスの違い

6桁リファレンスとは現行モデルの型番が6桁のモデルを指します。サブマリーナで言うと「116610LN」が6桁リファレンスです。

5桁リファレンスは既に廃盤になっている型番が5桁のモデルを指します。サブマリーナで言うと「16610」です。

どちらも入手困難には変わりないモデルです。

どちらかと言うと現行モデルの方が定価は高くハイスペックになるので相場が高そうですが古い5桁リファレンスの方が高い相場を維持しております。

なぜロレックスの現行モデルの相場の方が下落しているのか

はじめに相場下落が見られたモデルは相場が跳ね上がった116710LN GMTマスターⅡだけでした。

116710LNの相場高騰→下落の記事はこちらになります。

【2019年3~6月】ロレックスのGMTマスターⅡの相場高騰と下落の理由とは?116710LNの今後の相場予想

しかし最近ではどのスポーツモデルの6桁リファレンスも大幅に相場を落としております。

単純に相場下落理由は「現行モデルは新品で購入出来る」点だと思います。

どの付き合いある業者も同じ見解を示しております。

新品で購入出来る、出来ないの違いは大きいです。

現在でもロレックスのスポーツモデルは入荷本数が少なく新品で購入出来ない状態が続いております。

しかし良く考えてみて下さい。確率は低いかもしれませんが現行モデルはまだ製造がされていますので新品で購入出来る可能性は少なからずあります。

逆に廃盤になった5桁リファレンスが新品で購入出来る可能性はほとんどゼロです。

しかも中古市場において5桁モデルは減るしかありません。良い個体は海外にドンドン流出しております。

そんな理由もあり為替、市場状況もありますが5桁のモデルの相場は下がりにくいです。

最近では廃盤となった116710LN GMTマスターⅡが新品で正規店にて販売されていたという報告も受けております。

まだ在庫を多数抱えている店舗があるのではと様々な憶測が飛び交っております。

人は購入出来ないとなると欲しくなる生き物です。

まだ買える、もう買えないは大きな違いがあり相場に影響しております。

新品で購入出来ても儲からないモデル

今までは新品でスポーツモデルを購入出来れば儲かると言われておりどのスポーツモデルも正規店では品薄状態でした。

トキジ
とりあえずスポーツモデルを購入すれば何でも儲かるんだよね?

今でも欲しい方が多く品薄ですが最近の相場ですと新品で購入して転売しても儲けが出るか怪しいモデルが増えております。

転売を考えられている方はこのスポーツモデルを新品で購入すると赤字になる可能性があります。

6桁リファレンスの相場下落で今後よりそのようなモデルが増えるかもしれません。

購入時は参考にして下さい。

買取り価格が定価割れモデル①:ロレックス 214270 エクスプローラーⅠ

もともとエクスプローラーⅠは定価、中古相場が安価でエアキングと並んでロレックスの入門編と言われていたモデルです。

そんなエクスプローラーⅠですが木村拓哉氏やブラットピット氏などが使用している事もあり注目されるモデルで人気はありました。

114270→214270にモデルチェンジして定価も60万を超える高級時計の位置づけになっております。

ロレックスの相場が最高騰していた時は一番高年式の仕様「インデックスがホワイト」モデルは定価超えで各社買取りを行っておりました。

214270の仕様変更はこちらの記事でまとめております。インデックスのホワイトについて詳しく書いてありますのであわせてご確認下さい。

ロレックスのエクスプローラー1「214270」の買取り価格はこのポイントで変わる!新・旧 マイナーチェンジを紹介

今回のロレックスの相場下落で一番高年式モデルでも買取り価格は定価は越える事はありません。

僕は個人的にエクスプローラーⅠが好きです。214270が発売当時はビッグケースの新型に魅力を感じました。

デイトが無く日付調整する手間もなくシンプルなのに知名度の高いモデルなのでまた相場が上がると信じています。

買取相場

新品定価:669,600円

買取相場:~60万

買取り価格が定価割れモデル②:ロレックス 216570 エクスプローラーⅡ

エクスプローラーⅠと兄弟分のモデル エクスプローラーⅡです。

探検家の為に誕生したモデルという事で24時間針、デイト表示がありエクスプローラーⅠよりも多機能モデルとなっております。

現行の216570は旧型の16570よりもケース径が2mm大きくなっており42mmとロレックスの中では大型ケースのモデルとなっております。

若い方には人気が高いですが昔からのロレックスファンからは賛否両論のモデルとなっております。

旧型16570は白文字盤に人気が集まっておりますが現行の216570は黒文字盤の人気が高いです。

16570の白文字盤の人気はこちらの記事で詳しく紹介しております。是非読んで下さい。

【2019年8月】ロレックスの相場高騰モデル「旧エクスプローラー2」今が買いのセミヴィンテージの魅力

黒文字盤だと24時間針のオレンジ部分が浮き上がるように見える別名「ファントム文字盤」がカッコイイです。

しかしもともとケース径を大きくしたことによる好き嫌いによりスポーツモデルの中では不人気モデルでよく正規直営店で並んでおりました。

ロレックスの相場が高騰した影響でエクスプローラーⅡも新品で購入出来れば儲かるモデルでしたがバブル崩壊でそんな買取り価格をつける店は現状無いと思います。

買取相場

新品定価:831,600円

買取相場:~80万

買取り価格が定価割れモデル③:ロレックス 116900 エアキング

エアキングといえばロレックスの入門モデルで有名なモデルです。

自動巻の基本操作の理解や購入しやすい販売価格という事もあり初めてのロレックスで購入された方も多いのではないでしょうか?

一度「エアキング」というモデルは廃盤となりロレックスのインデックスから無くなりました。

しかしファンの復活の期待もあり2016年にインデックスに再度「エアキング」の文字が刻まれる事となりました。

ロレックスのロゴ、クラウンマークにイエロー・グリーンが使われた他モデルとは異なるカラーリングとなっております。

こちらも発売当時からエアキングの良さであったシンプルで落ち着きあるデザインと小型ケースが無くなってしまいどちらかというと不人気モデルになっております。

目立つモデルではありますが今後相場高騰する可能性は低いと思います。

買取相場

新品定価:637,200円

買取相場:~55万

買取り価格が定価割れモデル④:ロレックス 116400GV ミルガウス Zブルー

ロレックスのモデルでは特殊な耐磁モデルです。

耐磁機能は他と差別化出来るポイントですがグリーンサファイアクリスタルもこのモデルだけになります。

Zブルーとはもともと発売当時に騒がれたモデルの新色デザインです。

この艶やかなサンレイの入るブルーカラーはとても美しいモデルです。

今年に入りZブルーのミルガウスの相場が高騰しました。

不人気と言われたミルガウスも店頭では並ぶ事が無くなりましたが徐々に落ち着きを取り戻しております。

Zブルーのミルガウスは他スポーツモデルよりも流通数が少なく市場のデータも少ないです。

今後また注目が集まると数が少ないので高騰する可能性はありますが現状は定価よりも買取り価格は下回っております。

買取相場

新品定価:842,400円

買取相場:~75万

買取り価格が定価割れモデル⑤:ロレックス 116622 ヨットマスター40

2012年にモデルチェンジされたヨットマスター40です。

ヨットマスターはラグジュアリーなスポーツモデルで個人的には好きですが16622の時から不人気モデルです。

もともと最盛期のロレックス相場の時も116622 ヨットマスター40は定価超えが難しいとされていました。

しかしダークロジウム文字盤のみは定価超えで買取りが一時期できました。

しかしやはり不人気モデルなので現状は定価割れをしております。

今後も定価超えの可能性は低いかもしれません。

買取相場

新品定価:1,188,000円

買取相場:~110万

まとめ

ロレックスのバブルが崩壊した事により今までどのスポーツモデルもプレミア価格で買取りされていましたが最近では難しいモデルも増えてきました。

しかし転売目的の方は不必要なモデルになったかもしれませんが中古販売価格はまだ新品より高い現状です。

つまり本当に欲しい方はまだまだ正規店で探される方が多いと思います。

以前より転売目的の方が減るので上記モデルをお探しの方は新品で購入出来るチャンスは増えると思います。

また5桁リファレンスのモデルは9~10月で相場が高騰する事が予想されます。

どのモデルも今が買い時かもしれません。

自己責任にはなりますが参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

関連記事

-WATCH, 役立つ情報

Copyright© 駆け出しのブランド鑑定士「ブランド情報サイト」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.