BAG・WALLET 役立つ情報

【ヴィトン】スピーディのファスナー持ち手 修理の費用とは?

ロングセールされているヴィトンのスピーディ。

中古でも多く取引きされており買取でも持ち込みが多い商品です。

長く販売されている人気商品ですと壊れた状態で持ち込まれる事も多いです。

特にスピーディは持ち手がレザーとなっているので経年劣化で千切れた状態で持ち込まれる事も多いです。

本記事ではそんなファスナー持ち手の修理の費用についてまとめました。

修理などの参考になれば幸いです。

スピーディのファスナー修理の費用について

 

ヴィトンのスピーディについているファスナー持ち手は長年使用していると劣化して千切れやすいパーツの一つです。

この持ち手レザーですが千切れてもファスナー金具が残るので使用は問題無いです。

カケダシ
でも見た目がなんともみっともない。

なのでヴィトンにて修理をしていただきました。

修理代金

ファスナー持ち手の修理代金:3,850円(税込)+代引き手数料

納期:約1カ月半~2カ月

費用としてはメチャクチャ安いです。

中古なんかのスピーディですとこの持ち手が千切れているので購入を見送った方も多いと思いますがそれほど費用はかかりませんので購入して修理するのもありだと思います。

特に全体の使用感は少ないのにファスナーレザーだけ千切れているバッグはオススメです。

修理の出し方については以下記事にまとめてありますので参考にして下さい。

【ルイヴィトン】正規店が近くに無い!郵送でメーカー修理に出す方法

ファスナー持ち手修理の注意するポイントとは

注意というほどでもないですがちょっと驚いたポイントがあります。

修理を進行する時に確認されますがレザー持ち手の色ヤケを他のパーツの色に合わせていただけます。

というかレザーそのままでの取り換えはしてもらえないので色合わせをして欲しく無くても色ヤケの加工がされます。

どうしてもあのヤケがない綺麗なレザーでとりつけたい。そんな方も見えると思います。

その場合はバッグについているヌメ革全ての取り換えを行えばしてくれるそうです。

しかしその場合はハンドル交換などもされるので何万円もかかえりますのであまり現実的な話しではありません。

ヴィトンになぜ色を合せるか聞いたところなるべく修理は使用されていた状態を再現されるのを目的として行うようにしているとの事でしたので一部だけ綺麗にする事は出来ないとの事でした。

売る時は修理してからの方がいい!?

よくある質問ですが直してから買取店やフリマサイトで売るか直さずそのまま売るか聞かれます。

僕個人の意見は直してから売る方が良いと思います。

というのも皆がこのファスナー持ち手の修理代がどれだけかかるか知らない方も多くこのポイントだけでとても安い評価をされる事も多いです。

今すぐ現金が必要という場合を除いては総額5,000円程で直せるので修理してみましょう。

ただしハンドルや全体がとても汚れているとこの部分を直した事によって赤字になる事も・・・

全体の状態を見て直す、直さないはしっかりと判断をしましょう。

まとめ

修理代が安い点や修理の際にパーツの色味をあわせるなど驚く事が多い修理内容でした。

リベットボタンの修理などは無料でしてくれるので意外と状態が悪いジャンク品のスピーディを安く購入してメーカーで修理すればお得に手に入れられるかもしれません。

【知らないと損】無料で直してもらえるヴィトンバッグの破損について

ハイブランド=修理代が高いと思っていますが商品が高いからこそアフタサービスがしっかりしているブランドも多いです。

特にヴィトンは良心的なブランドだと思います。

これ修理代メチャクチャ高いだろうなと諦めないでメーカーに一度修理相談して見て下さい。

とっても安く綺麗に直してくれるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

-BAG・WALLET, 役立つ情報

Copyright© 駆け出しのブランド鑑定士「ブランド情報サイト」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.