WATCH 役立つ情報

【腕時計】サファイアクリスタルとプラスチック風防の違いや見分け方

時計には文字盤を守る為にガラスがついています。

一般的には文字盤を風から守る為に「風防」と言われるパーツになります。

この風防ですが時計によって種類がある事をご存知でしょうか?

この風防の種類でメリット、デメリットや買取りにおける影響など様々あります。

本記事ではそんな風防の種類や簡単な見分け方を紹介させていただきます。

これで貴方も風防マスター間違い無しなので是非読んで下さい。

風防の種類とは

時計の風防は大きく分けて「ミネラルガラス」「プラスチック」「サファイアクリスタル」の3種類になります。

時計の年式や価格帯によって使われる種類が異なります。

この風防の種類でその時計の位置づけや年式まで分かる事もあります。

中古販売価格も大きく変わるので注意して下さい。

プラスチック風防

1940~1960年頃に主に使用されていた風防がこのプラスチック風防です。

プラスチックの風防=ヴィンテージのイメージが強い方も多く根強い人気がある風防でもあります。

特に最近ではこのヴィンテージ感を出す為にあえてプラスチック風防を取り入れているブランドもあります。

プラ風防の特徴はこの膨らみあるドーム型の風防です。

現代の主流であるサファイアクリスタルと比べると衝撃に弱く強い力を分散する為にこのドーム型となっております。

一般的には安価で加工がしやすいので時計風防でよく使われておりました。

透明度が高く視認性は非常に高いです。その反面、傷はつきやすい素材となっております。

メリット

✔交換が必要でも1万円以下で交換出来る

✔小さな傷は研磨でとることが出来る

✔視認性が抜群

✔ヴィンテージ感が出た味のあるシルエットになる

デメリット

✔傷が入りやすい

✔欠けやすい

✔高級感は少ない

ミネラルガラス

プラスチック風防から時計の風防として主流として使われるようになったのがこのミネラルガラスになります。

高級時計に使用されるサファイアクリスタルよりは硬度は低いですがプラスチック風防よりは傷がつきにくく加工がしやすい事でも有名です。

一般的には新品定価が5万円以下のモデルはこのミネラルガラスが使われる事が多いです。

メリット

✔交換が必要でも1万円以下で交換出来る

✔小さな傷は研磨でとることが出来る

✔プラスチック風防よりは硬度が高い

デメリット

✔傷が入りやすい

✔欠けやすい

✔高級感は少ない

メリット、デメリットはプラスチック風防に近いです。

サファイアクリスタル

現代の高級時計に最も使用されているのがこのサファイアクリスタルです。

サファイアクリスタルとはその名の通り宝石のサファイアと同じ硬度をもっておりそのモース硬度は10段階中9と非常に外部からの傷には強い素材です。

腕時計をしているとぶつけてしまう事はありませんか?

多少の力で当てても傷などはつく事が少なく非常に心強い素材です。

それでも傷がついてしまう事がありますがそんな傷の確認方法をロレックスで説明した記事です。気になる方は是非読んで見て下さい。

ロレックスはガラス欠けがつきやすいので要注意!!ガラス欠けの確認方法をご紹介♪

硬度が高い事や貴重な素材という事もありサファイアクリスタルは非常に高価な風防です。

しかし一度、傷がついてしまうとプラスチック風防のように研磨などで傷を消す事は出来ません。

また交換は可能ですが上記でも記載させていただいたように高価な素材なのでとても高額です。素材だけでも2~3万円かかる物が殆どです。ロレックスでその価格ですのでパテックフィリップやオーデマピゲだとどれだけかかるか未知の世界です。

使用される際は注意して使うようにして下さい。

メリット

✔硬度が高く傷がつかない

✔現代的で高級感あるシルエット

デメリット

✔風防代が非常に高額

✔加工がしにくい

✔研磨する事が出来ない

プラスチックとサファイアクリスタルの見分け方

高級時計は基本的にサファイアクリスタルを風防に使用しますがあえてヴィンテージ感を出す為、プラスチック風防を使用する事があります。

トキジ
見た目も同じだし全然見分けがつかない

よくお客様からそんな声をいただきます。

サファイアクリスタルとプラスチックが簡単に見分ける方法をお伝えします。

この方法で必ず見分ける事が出来るのでマスターして下さい。

見分け方①:爪でたたく

凄く古典的な方法ですが何の素材か分からない場合は爪で叩いてみて下さい。

叩くというとちょっと分かりにくいですが爪でトントンする感じです。

この時プラスチック風防ですと非常に軽いカツカツといった音が鳴ります。

似た感覚としてはからのペットボトルを爪でたたく感じです。

ちなみにサファイアクリスタルですとズッシリとした感触で固いガラスを叩いた感じになります。

はじめは何を言っているか分からないと思いますが実物の時計で試して感覚を覚えてにて下さい。

一度触っていただくと分かると思います。

見分け方②:ダイヤモンドセレクターでの判断

熟練の鑑定士であれば爪で叩いた感じで判断が出来ます。

しかし実際あまり触りなれていないと迷う事もあります。

トキジ
風防一つで型番、中古相場が大きく変わる時計も多く絶対に失敗は出来ない

そんな方にオススメなので「ダイヤモンドセレクター」による判別方法がオススメです。

ダイヤモンドセレクターとは

ダイヤか判断に迷った際にテスターに当てる事でダイヤかダイヤじゃないかが判別出来る機材です。

厳密には熱伝導率の高いダイヤモンドに反応する事で判別出来る機会です。

created by Rinker
¥33,836 (2020/10/28 17:39:51時点 楽天市場調べ-詳細)

一般的にはダイヤモンドに反応する機械ですがサファイアクリスタルも熱伝導率が高いのでダイヤモンド程では無いですが反応を示します。

逆にプラスチック風防は一切反応しないのですぐに分かります。

まとめ

サファイクリスタルとプラスチック風防の違いは分かったでしょうか?

実際最近はヴィンテージ感をあえて出す為に復刻でヴィンテージモデルを継承した時計が多数販売しております。

このオメガのシーマスターをご覧ください。

バリバリのトリチウム雰囲気を漂わせるシーマスターですが実は高年式のモデルです。

そんなモデルを見抜くのは風防、夜光がキーポイントになると思います。

今回ご紹介させていただいた風防の情報や見分け方を駆使して見抜いて下さい。

スポンサーリンク

関連記事

-WATCH, 役立つ情報

Copyright© 駆け出しのブランド鑑定士「ブランド情報サイト」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.