WATCH

若者は特にロレックスのデイトナに購入したほうが良い理由【116520編】

個人における購入制限やモデルの定価見直しなど何かと話題の人気腕時計ブランド「ロレックス」

そんなロレックスのモデルで王様と言われるモデルが「デイトナ」です。

現行の116500 デイトナは2016年に発表されてから常に右肩上がりで相場が高騰しております。

定価120万程の時計がなんと2倍以上の価格で販売されているから驚きですよね!

そんな人気モデル「デイトナ」の前型モデル116520が実は購入チャンスでは無いかと僕は思っております。

特に若者はデイトナを購入した方が良いのでは・・・

そんな個人の考察を本記事では紹介させて下さい。

結構賛否両論あるかもしれませんがお付き合いいただければ幸いです。

なぜ116520 デイトナなのか

ステンレススチールのデイトナであれば正直「16520・116520・116500」のどれを購入していただいても大きな目減りはしない時計だと思います。

16520より前のデイトナも希少性は高く今後相場は高騰必須だと思いますが中古で購入する為にはかなり深い商品知識やメンテナンス知識が必須となります。

ヴィンテージウォッチは買取りが強い店も少なく手放す時に大変な思いをする可能性が高いです。

ではこの3モデルの中で一番オススメなのが116520 デイトナなのか?

理由は3つあります。

理由①中古相場が3モデルの中で安い

圧倒的な理由が販売価格が安い部分にあります。

既に相場を跳ね上げた16520 デイトナは今後も相場を上げると思いますが既に価格が高額です。

中古相場はギャラ無しでも250万以上。人気のP番は450万~600万で販売されております。

P番とは

シリアルの年数を表します。16520 デイトナは2000年頃に新型116520へとモデルチェンジしました。

モデルチェンジする最後の年を表す最終品番といわれるP番は非常に高い評価をされております。

とくにデイトナは人気ゆえにP番の中でも新旧が分かるシリアルナンバーの二桁目まで細分化されております。

P1~、P2~、P3~のシリアルがP番の中でも存在しており。本当に最後の最後がP3と言われるシリアルとなりP1と比べても販売価格が100万程変わるポイントです。

これだけ高額だと気軽に購入が出来ません。

次に現行の116500 デイトナです。

文字盤の種類にもよりますが中古販売価格は230万~250万と16520 デイトナに比べると購入しやすい価格です。

しかし個人的にはこちらは現行で販売されており品薄ではありますが定価120万で購入出来るモデルに2倍以上の価格で購入するのはどうしても納得出来ません。

購入制限の導入よりSNSでも購入出来た報告をされる方が増えております。

もし116500を購入するなら努力して毎日直営店に通い定価で購入する事をオススメします。

116520 デイトナはそんな2モデルよりも購入しやすく既に新品で販売されていないモデルです。

中古販売価格は付属品の有無によって変わりますが180万~250万程では無いでしょうか。

どちらかというと消去法に近い理由でもありますが116520 デイトナを価格で選ぶ理由です。

理由②ヴィンテージモデルへの期間が長い

既に16520以前のデイトナはヴィンテージウォッチという認識が世間ではされております。

モデルによってはロレックスでのメンテナンス保守が終わっており修理など不具合が出た際は困る状況となっております。

個人的には30年を超えるモデルはヴィンテージと呼んでいいかと思っています。

では16520 デイトナはどうでしょうか。

一番新しい年式でも2000年に製造となりますので既に20年が経過しております。

古いものだと30年弱の年数経過が。

購入してから10年経過すると完全にヴィンテージの仲間入りとなります。

勿論人気モデルで流通数も多いので10年程度でロレックスの保守が切れるとは思いません。

しかし一般買取店ではヴィンテージの扱いとなり買取り掛率が大きく下がったり買取り出来ない店が増えると思います。

相場は跳ね上がるかもしれませんが買取りしてくれる優良な店を見つける必要があります。

反対に116520 デイトナはどうでしょうか。

おそらく10年程度であれば今の16520と同じような立ち位置となります。

まだまだセミヴィンテージの扱いになりますので買取り掛率は高いと思います。

実際ロレックスのステンレススチールのデイトナは掛率が中古販売価格の80~90%出るモデルです。

中古で200万で売れる状態であれば160万~180万が買取り価格となります。

10年後に相場が上がっていればその販売価格にこの高掛率が適用される可能性が高いです。販売価格が高額になると流石に80~90%というわけにはいきませんが他モデルに比べれば高単価で査定していただけると思います。

理由③相場の伸びしろ

僕が一番116520 デイトナをすすめる理由は今後の相場が上がる率が大きいと考えているからです。

出典:GINZA RASIN様

こちらは16520 デイトナの相場推移です。

既にこの相場推移がはじまった2014年に僕はこの業界に入っておりましたので記憶にありますがそれ程16520は人気がありましたが騒がれおりませんでした。

勿論ゼニスのエルプリメロが使用されていたり最終品番のP番は認知されておりましたが今ほど高値で取引されていませんでした。

カケダシ
そこから5年であれよあれよと相場が高騰して今にいたります。

僕は116520 デイトナもこんな感じで相場が高騰しないかと考えております。

16520 デイトナに比べると中古流通数が多かったりゼニスのエルプリメロが搭載されているなどのキャッチコピーはないのでここまでの高騰は無いにしても相場が大きく上がる可能性は高いです。

夢があるモデルです。

特に伸びしろで考えるのであればギャラ有り、鏡面バックルの個体を選ばれる事をオススメします。

なぜ若者にオススメしたいモデルなのか

このデイトナは皆にすすめたいモデルです。

しかしなぜ僕が特に若者にすすめたいか?

それには2つの理由があります。

理由①時計の相場

トキジ
時計の投資なんて言っても200万の時計を若い時に購入するのは無理だよ。

たしかに20代などで200万の時計購入はかなり大変な事です。

でも預貯金は200万以上している方は多いのではないでしょうか?

日本は貯金が大好きな国民性があります。少しでも蓄えを作り将来の不安を消したいんです。

その考えはとても素敵です。否定するつもりはありません。

しかし現在の日本国内の預金金利は普通貯金ですと0.001%。定期預金ですら0.01%です。

年利となりますので200万を1年預けられても定期で年利200円です。もはや他金融機関へ振り込む手数料で赤字になるレベルです。

そんな貯金であればデイトナを腕に巻いてみてはいかがでしょうか?

他の高級時計であれば5年使えば購入価格の30%ぐらいの買取り価格は当たり前ですがデイトナなら購入価格の80%以上は出ると思いますし場合によっては相場高騰により購入価格よりも高くなります。

無くす、盗られるリスクはあるので一概に推奨出来ませんが同じ200万の使い方ならデイトナを購入した方が得する可能性が高いです。

理由②金がかかるときに資産になる

僕の感覚では40代以上でデイトナを購入出来る方は時計が好きでそれなりに所得の多い方だと思います。

マイホーム、家族など背負う物があるなかで趣味にもお金をかける事が出来る層でしょう。

そんな方々が10年後に買取り価格が購入価格より数十万上がってもそれ程生活に影響が無いです。

しかし若者と呼ばれる20代は違います。

まだ背負う物も少なく欲しい物にお金をかける事が出来ます。

そんな若いときに購入していれば将来使用していても恥ずかしくない一流時計ですし手放しても良い財産になります。

10年後には家庭を持ったり車を変えたりマイホームを購入しているかもしれません。

そんな時に大きな助けになると思います。

将来への投資もこめて是非若者にはデイトナ購入をオススメします。

若い時には高級時計を楽しむ事が出来ますしいざという時は高い価格で買取りしてくれるのもデイトナの魅力です。

特に若い方にはオススメしたいモデルです。

まとめ

特に僕が若者に116520 デイトナをオススメする理由が分かっていただけたでしょうか?

僕も入社したばかりの頃、先輩にGMTマスターをすすめられましたが気乗りせずに断り違う時計を購入しました。

まだその頃はGMTマスターも40万ほどで販売されており今思えばなぜ購入しなかったのか後悔が残ります。

結果論ではありますがロレックスの相場が大きく下がる事は考えにくいです。

とくにステンレスのデイトナは鉄板モデルです。

是非この話しに興味を持っていただけた方は未来の自分の為に投資してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-WATCH

Copyright© 駆け出しのブランド鑑定士「ブランド情報サイト」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.